top of page

幼児は天才!!

『日本の教育は伸びるときにお金をかけない』 『伸びずらくなってからお金をかける』と言われています。一生の間で 『なんでもすぐ覚える、覚えたものは忘れない』年齢は、【つ】 がつく年齢と言われていて、「ひとつ」「ふたつ」「みっつ」・・・「ここのつ」です。また私たちの行動主針中、多くは幼児の時に覚えたことが多くあります。


9(ここのつ)を過ぎると、「苦労しないと覚えられない」、その先になると「苦労しても覚えづらい」になります。幼児の時の教育は「大事」で「大切」ですね!




閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commenti


bottom of page